DXエンジニアとは?育て方や必要なスキル・資格について解説します

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、ITの活用によって、業務プロセスや経営モデルを変革し、新たな価値を生み出すことを指します。このDXを推進するエンジニアのことをDXエンジニアといいます。

企業のDXが必須とされている昨今、DXエンジニアは非常に高い需要があります。

今回の記事では、DXエンジニアとはどのような職業なのか、DXエンジニアになるにはどうすればいいのかなどを詳しく解説していきます。今後自社社員をDXエンジニアとして育てていきたい方や現在のITエンジニア職からスキルチェンジしたい方は、是非最後までお読みください。

DXエンジニアとは?

はじめに解説した通り、DXエンジニアは企業のDXを推進するエンジニアです。「企業のDXを推進する」と言われてもイメージがわかない方が多いかと思いますので、具体的にどのような仕事内容なのか詳しく見ていきましょう。

企業のDX全体の戦略立案・企画

まず、DXエンジニアの大きな役割として、企業のDX全体の戦略立案・企画があげられます。まずは、企業がDXを通じて何を達成したいのか、具体的な目標や将来的なビジョンを決めます。DXエンジニアはエンジニアとビジネスの視点から、目標と現状を比較し、達成するためには何が足りないのか、どのような改善が必要なのかを割り出し、全体の方向性を定めます。

DXプロジェクトの立ち上げ・マネジメント

上記で企業としての全体的な方向性が定まったら、プロジェクトをスタートさせます。ここでDXエンジニアは、プロジェクトに参加するメンバーを決めたり、予算管理やスケジュール設定など、ディレクターのような役割も担います。また、DXを成功させるためには経営層の理解を得ることがとても大切とされ、経営層から一般社員まで会社全体を巻き込んでいく調整力は欠かせない要素となります。

プロジェクト完了後の運用体制を構築

プロジェクトが完了した後も、持続的にDXを推進していく必要があります。そのために、運用体制を整えておくことも大切な仕事です。DXはデジタル化だけでなく、企業の組織変革も必要です。失敗から学ぶ文化や新しいことに挑戦する文化を育てることで、組織全体がDXを推進する姿勢を保つことが可能となります。

DXエンジニアに必要なスキル

ここまでの説明で、DXエンジニアの仕事はとても幅広いことがわかりました。では、ここからはDXエンジニアになるためにはどのようなスキルが必要なのか、詳しく説明していきます。

プログラミングスキル

DXエンジニアには、ソフトウェアを開発するためのプログラミングスキルが必要です

PythonやJavaなどの一般的なプログラミング言語はもちろん必要なのですが、クラウドサービス(AWS、 GCP、 Azure等)の知識、データベースの知識などに精通していることが望ましいです。昨今、AIや機械学習、ビッグデータを用いた技術が著しい進歩を遂げているため、上記のスキルが活躍する機会も多いのです。また、上記のようなスキルを持ったうえで、プロジェクトに取り入れるべきスキルは何なのか、企業のビジネスモデルを理解した上で、システム上の要件を決める必要があります。

戦略的洞察スキル

DXは、変化するビジネス環境に対応しながら、新たな価値を創造するための取り組みです。DXを成功させるためには自社のビジネス環境を分析し、強みや弱みを理解して将来の方向性を描く「戦略的洞察スキル」が必要です。

戦略的洞察スキルとは、簡単にいうと「戦略的に未来をマネジメントするためのスキル」のことで、以下の3つのスキルを組み合わせたものです。

  • 環境や競合状況の分析
  • 強みや弱みの理解
  • 将来の方向性の決め方の

このスキルが身につくことで、明確にした目的に対して戦略を立案し、DXを推進していくことができます。

プロジェクトマネジメントスキル

DXエンジニアは、プロジェクトのスケジューリング、タスク管理、リソース管理、リスク管理といったプロジェクトマネジメント力が必要不可欠です

DXのプロジェクトでは、ITシステムの構築や導入だけでなく、さまざまな要素が絡み合います。そのため、プロジェクトマネジメントスキルを身につけていないと、プロジェクト全体を把握し、進捗を管理することが難しくなります。

また、プロジェクトの多くは経営層の戦略に沿って実行されます。プロジェクトマネジメントスキルを身につけていないと、経営層の要望を理解し、プロジェクトを推進することは困難でしょう。

DXエンジニアに必要な資格

DXエンジニアになるために、必須の資格というものはありません。ただ、DXエンジニアというくくり自体が比較的新しい資格であるため、DXエンジニアと名乗るためには何かしらの指標を持っておいた方がアピールになる可能性が高いです。エンジニアには基本情報処理試験やAWS認定試験等が重要な資格と言えますが、今回はDXという焦点に絞った資格をご紹介します。

デジタルトランスフォーメーション検定

デジタルトランスフォーメーション検定は一般財団法人 全日本情報学習振興協会が主催している資格試験です。

  • DXオフィサー認定試験
  • DX推進アドバイザー認定試験

の二つの試験に分かれており、それぞれ以下のような学習・試験内容になっています。

試験名学習・試験内容
DX推進アドバイザー認定試験必須のDX知識やDX人材の在り方、デジタル技術の基礎を学ぶ。また、DXの基礎となるAI、IoT、クラウドなどの知識、DXを推進するためのDX認定制度やDX銘柄などについても学ぶ。
DXオフィサー認定試験・DXの現状を知ること
・企業やビジネスを変えるための様々なデジタル技術を学ぶこと
・トランスフォーメーションを推進するにはどのような人材と方法論が必要となるかこのDXオフィサー認定試験は、これら3つの知識を身に付けて、各種のマネージャーやオフィサーとして活躍できる人材、あるいはサポートできる人材の養成を目指す

※参考:デジタルトランスフォーメーション検定 公式サイト

DX検定

DX検定は株式会社ネクストエデュケーションシンクが主催する検定試験です。毎日爆発的に増加するバズワードを確かな知識にする、先端IT技術 トレンドとビジネストレンドを幅広く問う知識検定となっており、AIからセキュリティマネジメントまで、DXに関わる幅広い知識を身につけることができます。

成績優秀者はスコアに応じ、以下のレベル認定証が発行されます。

  • スコア800以上:「DXプロフェッショナル レベル」
  • スコア700以上:「DXエキスパート レベル」
  • スコア600以上:「DXスタンダード レベル」

※参考:DX検定 公式サイト

+DX認定資格

+DX認定資格はIoT検定制度委員会が主催する認定資格試験です。

ビジネスパーソンがもともと持っている能力や技術力に対して、+αとなるDXについての知識および体系の理解度となるいわば「DX推進の基礎スキル」を測定します。

革新性・創造性、共創・顧客視点など、技術だけではないビジネス視点でのDX知識を蓄えることができる資格試験です。

※参考:+DX認定資格 公式サイト

DXエンジニアを育てる方法

DXは、デジタル技術を活用して、企業のビジネスモデルや組織、プロセスを変革する取り組みです。DXを成功させるためには、デジタル技術を理解し、活用できる人材であるDXエンジニアの育成が欠かせません。では、どのようにDXエンジニアを育成すればいいのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

座学から学ぶ

DXエンジニアとして活躍するためには、理論的に学び知識を習得するステップは必要不可欠です。そのため、座学からDXエンジニアに関する学習を進めていくと良いでしょう。座学では、講師が体系的に知識を解説するため、効率的に学習することができます。また、多くの人が同じ内容を学習するため、比較的短期間で知識を身につけることができます。

ITエンジニアとしてスキルを身につける

IT未経験からDXエンジニアになるのはかなりハードルが高いのが正直なところです。まずはITエンジニアとしてプログラミングスキルやデータサイエンススキル、ビジネススキルなど、幅広いスキルを身につけていきましょう。

DXエンジニアは、デジタル技術を活用して、企業のビジネスモデルや組織、プロセスを変革する取り組みを推進する役割を担っています。そのため、デジタル技術の知識やスキルは必須ですが、それだけでは十分ではありません。データサイエンスやAI、クラウドコンピューティング、モバイルアプリ開発などの知識を身につけておくことで、業務の幅を広げることができます。

実務経験を積む

DXエンジニアとして学んだスキルを生かすためには、現場での実務経験が欠かせません。実際のプロジェクトに参加して経験を積むことで、ITスキルの活用法やビジネスの現場で求められる視点はどういったものかを学ぶことができます。実務でプロジェクトマネジメントの経験を積むことができると、DXエンジニアとしてのスキルが一層深まり、即戦力としての活躍が期待されます

DXエンジニアに必要なスキルまとめ

今回の記事ではDXエンジニアの仕事内容と求められるスキルについて解説してきました。

まとめ
  • DXエンジニアに必要なスキル
    • プログラミングスキル
    • 戦略的洞察スキル
    • プロジェクトマネジメントスキル

DXエンジニアは、企業のデジタル化を推進する重要な役割を担っているため、今後もDXエンジニアの需要は高まっていくと考えられます。DXエンジニアというキャリアは、デジタル変革をリードし、企業価値を高めるための重要なポジションです。DXエンジニアを目指している方は、ぜひ本記事を参考に、必要なスキルや資格を身につけて、活躍の場を広げてください。

なかなかDXエンジニアを採用することは困難ではないでしょうか。当社では、ベテランのDXエンジニアが貴社の課題解決のお手伝いをいたします。システム開発・運用については、CMKまでお気軽にお問い合わせください。

\ DXに関するお問い合わせもなんでも相談にのります /
お問い合わせはこちら
>お役立ち資料のダウンロード

お役立ち資料のダウンロード

ブログでは紹介しきれないシステム開発や導入におけるケーススタディを資料にまとめました。お気軽にダウンロードください。

CTR IMG