情シス担当者に資格は必要?必須のスキルやおすすめ資格6選を紹介

情報システム部(情シス)の担当者は、ITに関するさまざまな分野のスキルが要求されます。知識やスキルを示すものとして、どんな資格を持っているかが目安となりますが、情シス担当者には資格取得が必要なのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、情シス担当者に資格が必要な理由や身につけたいスキルを解説し、実際情シス担当者におすすめの資格もご紹介します。資格の取得を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

情シス担当者に資格が必要な理由

結論からいうと、資格の取得は情報システム部の担当者にとって必要です。その理由としては、主に以下のようなものがあります。

  • 情報システム分の業務範囲が広い
  • 新しいスキルを身につけられる
  • 転職時にスキルを証明できる

それでは、これらの理由について詳しく見ていきましょう。

業務範囲が広い

1つ目の理由は、情報システム部の業務範囲が多岐にわたるためです。さまざまな業務を行うということは、それに応じた多様なスキルが必要となります。よって資格を取得することでそれに対応できるのです。ここでは、情シス担当者がおこなう業務について、大きく3つに分けて解説します。

システムの開発・構築

情シスの役割は、企業が行っているビジネスをITによって効率化し、利益を最大化することです。そのためには、まず初めにITシステムの選定・開発・構築・導入が必要となります。ITシステムの開発は細かく業務を分けると、要件定義・システムの設計・環境構築・プログラミング・テストなど多くの工程があります。それぞれで異なる技術や知識が必要となるため、それらの関連資格が役立つのです。

システムの運用・保守

開発・導入されたシステムが滞りなく稼働し続けるよう、運用や保守をおこなうのも情報システム部の役割です。ここで必要なスキルは、障害発生時の対応・対策といったインシデント管理や、セキュリティに関する知識、サーバーやネットワーク機器などネットワーク面の技術です。システム開発とはまた異なるスキルを要するため、これらに関する資格取得がシステム運用・保守の業務で役立つ知識の習得につながります。

ITヘルプデスク

情報システム部は社内システムの整備だけでなく、社内のITに関する困り事を解決するヘルプデスクも担当していることが多いです。そのため、パソコンが動かない・インターネットに繋がらない・IDやパスワードを忘れたなど、より実務的な内容についても解決策を身につけておく必要があります。よって、IT知識全般を網羅的に学習できる資格を取得すると、これらの業務にも役立つでしょう。

新しいスキルを身につけられる

移り変わりの激しいIT業界においては、常に新しいスキルを身につける姿勢が重要です。情報技術が日進月歩で進化しているなか、資格を取得・更新することで新しい技術やトレンドに触れられるため、時代遅れのスキルになることを防げます。

また、高難易度の資格は、単に試験をパスするだけでなく、実際のシミュレーションなどを通じて実践的なスキルを試すものもあります。そのため、基礎的な知識から始めて、実際の業務での対応能力まで、段階を踏んだスキルアップができるのです。

転職時にスキルを証明できる

取得した資格が大きく役立つ機会として、転職が挙げられます。転職の際、履歴書や職務経歴書だけでは、自身のスキルや経験を十分にアピールするのは難しい場合もあるでしょう。

しかし、資格は第三者機関が認定した公的な証明であるため、採用担当者に対して自分のスキルを客観的にアピールすることができます。情シスの分野で求められる資格は多岐にわたりますが、とくに高度なスキルや知識が必要な分野の資格を取得することで、自身の市場価値を高めることにもつながります。

合わせて読みたい

ひとり情シスとは、企業の情報システム部門をたった1人ないしは2~3人という極めて少ない人数で運用する状況を指す言葉です。 背景としては、社会的なIT人材の不足が問題としてあり、中小企業を中心に増加しています。ひとりだと手が回らず、業[…]

ひとり情シスの背景と問題点

資格取得で身につく情シス担当者のスキル

情シス担当者にはさまざまなジャンルの知識・技術が要求されます。それでは、資格取得によってどのようなスキルが身につけられるのでしょうか。ここでは、主に以下の3点を紹介します。

  • WordやExcelなどのアプリケーション操作
  • パソコン操作などのIT機器スキル
  • サーバやネットワークに関する知識

それでは、見ていきましょう。

WordやExcelなどのアプリケーション操作

情報システム部の基本として、WordやExcelなど業務で利用するアプリケーションの操作をしっかりと身につけておく必要があります。これは自身が業務でスムーズに利用するだけでなく、ヘルプデスクにこれらのアプリケーションに関する問い合わせが多いためです。文書や表の作成、編集、保存、プリントアウトなどの基本操作はもちろん、ピボットテーブルの作成や関数・マクロの利用など、高度な機能の利用方法までおさえておくとよいでしょう。資格試験では具体的な業務シナリオを元にした問題が出題されることも多く、このような試験を受けることで実務におけるトラブルシューティングのスキル向上にもつながります。

パソコン操作などのIT機器スキル

業務でよく使われるパソコンなどのIT機器は、細部まで仕組みや操作方法を知っておく必要があります。これは、たとえばヘルプデスクにパソコンの不具合の問い合わせが来た際に、その原因がどこにあるかを探っていく必要があるためです。資格勉強を通じて、パソコンの基本的な操作だけでなく、OSの構造や機能・トラブルシューティングの方法などを深く理解することにもつながります

サーバやネットワークに関する知識

サーバやネットワークに関する知識は、システム保守・運用を行う情報システム部にとってとくに重要なスキルです。サーバの操作方法や設定項目といった運用・保守に関する基本的な知識から、仮想化技術を利用したサーバの運用、バックアップやリカバリーの方法などまで資格勉強によって身につけることができます。また、ネットワークの基本的な概念やプロトコルなどの知識も重要です。高度な資格であれば、実際の機器を使ったネットワークの設計や構築、トラブルシューティングのスキルが習得できる場合もあります。また、これにはファイアウォールやVPN、侵入検知システムなどのセキュリティ技術も含まれます。外部からのサイバー攻撃や情報漏洩の危険から企業を守るためにも、適切なセキュリティ対策を取るための知識とスキルを身につけることはとても大切です。

情シスにおすすめの資格6選

情シス担当者が身につけるスキルは多岐にわたりますが、具体的にどのような資格を取得するのがよいのでしょうか。ここでは、情シス担当者におすすめの資格として以下の6つを紹介します。

  • ITパスポート
  • Microsoft認定資格プログラム
  • 基本・応用情報技術者試験
  • ITILファンデーション
  • ITサービスマネージャ試験
  • プロジェクトマネージャ試験

それでは、見ていきましょう。

ITパスポート

ITパスポートは、情報技術の基本的な知識を持っていることを証明する資格です。コンピュータの基礎知識やプログラミングだけでなく、企業の経営戦略やマーケティングの観点からのITの活用方法、セキュリティや法規制に関する知識も網羅されています。ITに関わる全てのビジネスパーソンに向けた内容で、幅広い知識を習得できるため、情シス初心者や異業種からの転職者に特におすすめです。

Microsoft認定資格プログラム

Microsoft認定資格プログラムは、Microsoft製品の知識と技術を証明する資格です。さまざまな業務で利用するWord・Excelなどのオフィスソフトや、Azure・Office 365などのクラウドサービス、Windows ServerやSQL Serverなどの専門的なソフトウェアまで、多岐にわたる試験が用意されています。Microsoftの製品はたくさんの企業のIT環境で広く利用されているため、この資格を持つことで実務経験が少ない方でも十分な知識を持っている証明になるでしょう。

基本・応用情報技術者試験

基本情報技術者試験と応用情報技術者試験は、情報技術の基礎から実務レベルの知識・スキルを証明する資格です。どちらも業界のスタンダードとして認識されており、IT知識を広く問われるため、とくに基本情報技術者試験は情シスの入門資格としてたくさんの人が受験する試験でもあります。また、応用情報技術者試験はさらに専門的な知識も深く問われるため、実務経験を持つ人でもプロフェッショナルとしてのスキルを証明するための資格として広く取得されています。

ITILファンデーション

ITILとはIT Infrastructure Libraryの略で、ITサービス管理のベストプラクティス(成功事例)をまとめたフレームワークです。ITILを学ぶことで、ITサービスの管理全般をより効率的・効果的におこなえるようになります。ITILファンデーションはITILの入門レベルの資格で、ITサービスに関わる人がサービスの運用や顧客対応などの質を向上させる基礎知識を学ぶことができる資格です。ITILの考え方やプロセスは、ITサービスの提供・運用に関わる情シス担当者が理解しておくことことで大きなアドバンテージになるため、重要な資格のひとつといえます

ITサービスマネージャ試験

ITサービスマネージャ試験は、ITサービスの企画・提供・運用をリードするポジション証明する資格です。ITシステムの管理や改善といった運用全体を担うプロフェッショナルを目指す方におすすめの資格で、同じくITサービスを扱うITILファンデーションよりも高度な内容が問われます。基本・応用情報技術者試験と同じく独立行政法人・情報処理推進機構が主催している国家資格であるため、権威ある資格といえます。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験は、ITプロジェクトの企画、実施、管理に関する知識とスキルを証明する資格です。この資格を取得することで、プロジェクトを効率的に推進し、予算や期限、品質の要件を満たすためのノウハウが身についていると証明できます。プロジェクトリーダーやマネージャーとしての役割を担う方にはとくにおすすめの資格です。

情シス担当者に必要な資格まとめ

この記事では、情シス担当者に資格が必要かどうかについて以下のとおり解説しました。

情シス担当者に必要な資格まとめ
  • 情シスは業務範囲の広さや転職時の活用といった観点で、資格は必要
  • 資格取得によってアプリ・IT機器・ネットワークなど他ジャンルのスキルが身につく
  • ITパスポート、基本情報技術者試験、ITILファンデーションなどの資格がおすすめ

資格は個人のスキルを客観的に評価できる重要な指標であり、また取得に向けた学習によってさまざまな知識も身につきます。まずは自身が進みたいキャリアや、社内で求められているスキルセットを確認し、どの資格を受験すべきか考えてみてはいかがでしょうか。

情シスの負担を軽減する「情シス支援BPOレンジャー」が登場

情シスの業務の幅の広さや業務業の多さにお困りではありませんか?

  • 問い合わせが多すぎてコア業務着手できない
  • 入退社の度に発生するPCキッティングやアカウント管理が意外と手間
  • 情報セキュリティ戦略を立てたいのに手が回らない

\ 是非以下よりサービス詳細をご確認ください /

情シス支援サービスBPOレンジャーアイキャッチ2
>お役立ち資料のダウンロード

お役立ち資料のダウンロード

ブログでは紹介しきれないシステム開発や導入におけるケーススタディを資料にまとめました。お気軽にダウンロードください。

CTR IMG